売掛金回収の相談なら

Pocket

個人事業や会社を経営されている方であれば、一度や二度は売掛金の遅れ、最悪のケースは取引先の倒産による未回収という事態に巻き込まれたり、あるいは、危険性について考えたことがあるかと思います。

売掛金とは、先に商品やサービス等を納品してから、後に支払い請求をして代金を回収する取引の際に発生する債権(支払いを請求する権利)のことを言います。つまり、購入時に即代金を支払う取引以外の売買取引の場合のほとんどが、この形態での取引となりますので、多くの会社や企業が売掛金を回収することで、売上になるということになります。

まず段取りとして、期日までに支払いがない相手先に電話をしたり、直接会って催促、あるいは交渉をします。ただ支払いを忘れていた、期日を間違えていたというだけであれば、電話一本で済む簡単な話ですが、そうではない場合、巧妙な交渉術が必要となるやりとりをしなければいけません。支払能力の有り無し、支払意志の有り無し、会社の経営状況等を考慮して、対応を考えていきます。当人同士の場合は話がややこしくなる可能性がありますので、間に弁護士を立てることをお勧めします。弁護士と聞いて、いや、自分でなんとかできるからと考えた方も中にはおられると思いますが、売掛金回収のポイントは、その交渉能力と、臨機応変に対応できる知識と経験が必要になります。ここでは、回収方法のポイントや、弁護士に依頼する場合の弁護士の選び方を紹介します。