回収方法のポイント

Pocket

売掛金回収について、未回収にしない為にもいくつか押さえるポイントがあります。売掛金(未収金)を作りやすいシチュエーションになってしまう原因の一つに、最初の取引契約の際になあなあな関係を作ってしまうことが挙げられます。金銭のやりとりに関しては、取引先と話し合いの元、契約書の締結時期をきちんと決めて書面に残すようにしましょう。少額取引の場合において、契約書を書かないで受注してしまうことがありますが、最低でも受発注書を取り交わすようにしておくことが大切です。業務内容について、取引した商品、金額、発注日や支払日が明記された受発注書を交わすことで、後のトラブルを回避することに繋がります。また、大きな額の取引で不安がある場合は、先払いの交渉をしてみても良いでしょう。聞きづらいかもしれませんが、後に揉めて裁判になることを思えば、最初の対応が肝心です。

重要なポイントとして、取引開始の際には信用調査を利用しましょう。信用調査会社を通して、与信枠を決定します。与信枠とは、取引する限度額のことであり、リスクがある会社とは最初から取引をしません。定期的にこの与信枠は確認をするようにして、取引先の経営状況を常に把握できるようにしておくようにしましょう。